投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!

FUSION MASTERPIECE 1500  

「フュージョン全盛の1970~80年代に発表されたベスト・セラー30タイトルを最新24ビット・デジタル・リマスタリングで期間生産限定発売。」

というわけで、とりあえず5タイトル:

 「夜の彷徨」 ラリー・カールトン
 「ストライクス・トワイス」 ラリー・カールトン
 「キャプテンズ・ジャーニー」 リー・リトナー
 「ギターに愛を」 ロベン・フォード
 「ブリージン」 ジョージ・ベンソン

紙ジャケでないのがちょっと残念
■  [PR]

# by major_keys | 2007-09-02 15:11 | ジャズ・フュージョン

Mo'Bop III/渡辺香津美ニューエレクトリックトリオ  

 ニューエレクトリックトリオの新譜で第3弾。
 過去2作のほぼ延長線上といえますが、ブラジル人のパーカッショニストが参加していて、サンバのリズムが登場するなど新しい試みもあります。もちろん香津美氏の超強力ギターは健在で、リチャード・ボナ(b)、オラシオ・"エル・ネグロ"・エルナンデス(ds)のリズム体も完璧です。ちなみに今回はキーボード抜き。
 9の「マンハッタン・フル・ダンス」は「トチカ」に収録されていた名曲のセルフカバー。オリジナルは軽快な春夏のイメージでしたが、こちらは重いリズムで秋冬のイメージです。

Mo'Bop III / Kazumi Watanabe New Electric Trio:
1. Emboss
2. Somewhere In Time
3. Tiger Beam
4. Lawns
5. Dragon's Secret
6. Good Fellows
7. Infancia
8. Stolen Moments
9. Manhattan Flu Dance

■  [PR]

# by major_keys | 2006-09-23 20:48 | ジャズ・フュージョン

やっぱり買っちゃった~  

コロシアムIIの2作目「エレクトリック・サヴェイジ」と3作目「ウォー・ダンス」がデジタルリマスター+紙ジャケで再登場。


■  [PR]

# by major_keys | 2006-06-10 13:01 | 日記

ゴダイゴ・グレイト・ベスト VOL. 2 (英語バージョン)  

 しばらくベスト盤シリーズで行きます。今回のは超強力! ゴダイゴのベスト盤です。1994年に発表されたものですが、日本語バージョン(VOL. 1)と英語バージョン(VOL. 2)の2枚同時リリースでした。これは英語バージョンです。なぜこちらを選んだのかよく覚えていませんが、たぶん偶然でしょう(笑)。
 内容は見てのとおりのヒット曲スシ詰めで、「ザ・ベストテン」世代には涙モノです。なお、ゴダイゴの曲の多くは作曲がタケカワユキヒデ、作詞は奈良橋陽子氏が英語で書いて日本語詞はその和訳、というきわめて変わったプロセスで作られていたようです。アレンジはもちろんミッキー吉野です。
 今回あらためて聴いてみた感想は「スッゲー上手い」。リズムはグルーヴしてるし、ギターはシャープでキレてるし、(当然ながら)キーボードは頭一つ抜け出てるし。アンサンブルも完璧でホント凄いです。ちなみに、ミッキー吉野がバークリー出身なのは知っていましたが、ベースのスティーブ・フォックスもバークリー出身で同期だそうです。さらに、同期にはジョン・スコフィールドがいたそうですよ。すごいなあ。
 1の「ビューティフル・ネーム」は国際児童年協賛曲で、NHKの「みんなのうた」で取り上げられて大ヒットしました。中学校のコーラス大会の定番曲ですね。僕も歌いました(笑)。
 2の「ハピネス」は某ビール会社のCMソング。
 3の「ガンダーラ」は「西遊記」(堺正章、夏目雅子、西田敏行のバージョン)のエンディングテーマ。イントロのアコースティックギターが美しい。ちなみに、「ザ・ベストテン」で1回だけこの英語バージョンで演っていました。当時はまだ中学生でしたが、「あいの~くに~ガンダーラ~♪」の部分を"The place of light, Gandhara" と歌っていたのをやたら覚えています。英語詞の方が先だったとは・・・。
 4の「銀河鉄道999」はもちろん松本零士氏のアニメの主題歌。ただし、僕はアニメに興味がないので曲しか知りません。
 5の「ホーリー・アンド・ブライト」は「西遊記II」のエンディングテーマ。
 6の「リターン・トゥ・アフリカ」はアフリカをテーマとしたテレビ番組のテーマソング。EW&Fを彷彿とさせる壮大なアレンジは、このアルバムの中で一際異彩を放っています。
 7の「ポートピア」は神戸国際博覧会「ポートピア'81」のイメージソング。
 11の「ドキ・ドキ・サマーガール」は某化粧品メーカーのCMソング。
 12の「カトマンズ」はシンセサイザー全開。いかにも「ローランドの音」です。
 14の「マジック・カプセル」は某かぜ薬のCMソング。
 15の「僕のサラダガール」はゴダイゴの記念すべきファーストシングルで、某化粧品メーカーのCMソングでした。
 16の「モンキー・マジック」はもちろん「西遊記」の主題歌。有名なイントロのシンセサイザーはJUPITER-4のオートアルペジオを使ったものです。コードチェンジが忙しく、ギターのカッティングが大変そう。リズムが超グルーヴしています。
 書いている間に日本語バージョンも欲しくなってきました(笑)。両方揃えるのが正しい姿のようです。

GODIEGO GREAT BEST VOL.2 (ENGLISH VERSION):
1.EVERY CHILD HAS A BEAUTIFUL NAME
2. HAPINESS
3. GANDHARA
4. THE GALAXY EXPRESS 999
5. HOLY AND BRIGHT
6. RETURN TO AFRICA
7. PORTOPIA
8. NAMASTE
9. THERE YEARS OF LOVE
10. AFTER THE RAIN
11. DOKI DOKI SUMMER GIRL
12. COMING TOGETHER IN KATHMANDU
13. A GOOD DAY
14. MAGIC CAPSULE
15. SALAD GIRL
16. MONKEY MAGIC

■  [PR]

# by major_keys | 2006-02-07 00:05 | 日本のロック・ポップス

スティクス・グレイテスト・ヒッツ  

 今回もベスト盤です。スティクスのベスト盤で1995年発表。
 このCDは「まずは味見」のパターンで買ったものです。スティクスを初めて聴いたのは高校生の頃で、「ザ・ベスト・オブ・タイムズ」をFMで聴いたのが最初だと思います。小柄で童顔のギタリスト、トミー・ショウが当時の音楽番組でよく取り上げられていたのを覚えています。その後は「ミスター・ロボット」を聞いたことがある位で、他の曲は正直知りませんでした。
 本作は初期から1995年までの代表曲がギッシリのお買い得版です。ただ、同じような曲が続くので一気に最後まで聴くのは少々つらいです。日本人好みのバラード曲も多く、「コーラスを多用したアメリカンハードロック」という感じですが、TOTOやジャーニーとはずいぶん雰囲気が違います。ボストンを少しプログレ寄りにした感じでしょうか。
 1の「レイディ '95」は往年のヒット曲をアレンジし直したもので、なかなかの秀作です。2の「ザ・ベスト・オブ・タイムズ」は大ヒット曲。4の「時は流れて」もヒット曲。5の「ベイブ」はTVショッピングのオムニバスCDの宣伝でライブ映像がよく出てきます。15の「ミスター・ロボット」は今でもよくテレビで使われていますね。
 コーラス主体で且つ「ギターがうるさくない」アメリカンハードロックを聴きたい方にお勧めします。ドライブにも最適。

STYX-GREATEST HITS:
1. Lady '95
2. The Best Of Times
3. Lorelei
4. Too Much Time On My Hands
5. Babe
6. Fooling Yourself (The Angry Young Man)
7. Show Me The Way
8. Renegade
9. Come Sail Away
10. Blue Collar Man (Long Nights)
11. The Grand Illusion
12. Crystal Ball
13. Suite Madame Blue
14. Miss America
15. Mr. Roboto
16. Don't Let It End

■  [PR]

# by major_keys | 2006-02-04 21:13 | 外国のロック・ポップス

ベスト・オブ・ナラダ・マイケル・ウォルデン  

 ナラダ・マイケル・ウォルデンのベスト盤で1995年発表。日本のみの発売。
 ナラダといえば、ジョン・マクラフリン率いるマハビシュヌ・オーケストラのドラマーから始まり、ジェフ・ベックの「ワイヤード」での衝撃的なドラミング、高中正義の「サダージ」への参加などドラマーとしての活躍が印象的ですが、マライア・キャリーやホイットニー・ヒューストンのアルバムのプロデューサーとして数々のヒットを生み出してきたヒットメイカーでもあります。また、自身のソロアルバムではクインシー・ジョーンズやジョージ・ベンソンを彷彿とさせるブラコン/ダンス・ミュージックを披露。自身で歌も唄います。
 ライナーノーツではナラダを主にスーパープロデューサーとして紹介していて、「実はこの人、元々はドラマーなんですよ。」みたいなことが書いてあります。僕はこれにはかな~り不満で、「『レッド・ブーツ』聴かんかい!」と思わず叫んでしまいました。また、どこかのレビューで、ドラマーとして食っていけないからプロデューサーに転じたなんてことも書いてありましたが、それは本当かも。
 本作には1976年発表のファーストアルバムから1995年までの10作のソロアルバムからナラダ自身がピックアップした16曲が収録されていて、かなりお得です。1~3はファーストアルバムからで、インストナンバーはジェフ・ベック風というか、マニアックに言うとビル・コナーズ在籍時のRTFみたいな感じです。4以降は一貫してブラコンとダンス・ミュージック。ヒットチャートの上位にランクされた曲もいくつかあります。ナラダ自身がヴォーカルもやっていますが、こちらはジョージ・ベンソンの方が上手いですね。
 中古屋でたまたま見つけたCDですが、けっこう当たりでした。ドライブの必需品となっています。

ミュージシャン:
ナラダ・マイケル・ウォルデン(ds,vo)、カルロス・サンタナ(g)、ハイラム・ブロック(g)、コルラド・ラスティッチ(g)、ウィル・リー(b)、TMスティーブンス(b)、ランディ・ジャクソン(b)、デヴィッド・サンシャス(key)、クリフ・カーター(key)、フランク・マーティン(key)、パティ・オースティン(vo)他

BEST OF NARADA MICHAEL WALDEN:
1. WHITE NIGHT
2. DELIGHTFUL
3. FIRST LOVE
4. RAINBOW-SKY
5. I CRY, I SMILE
6. I DON'T WANT NOBODY ELSE (TO DANCE WITH YOU)
7. THE AWAIKENING
8. I SHOULDA LOVED YA
9. TONIGHT I'M ALRIGHT
10. I WANT YOU
11. SAFE IN MY ARMS
12. REACH OUT (I'LL BE THERE)
13. HIGH ABOVE THE CLOUDS
14. GIMME, GIMME, GIMME
15. DIVINE EMOTIONS
16. SO LONG
■  [PR]

# by major_keys | 2006-02-01 23:41 | ジャズ・フュージョン

< 前のページ 次のページ >